議会のしくみ – 青森県風間浦村
メニューを開く
メニューを閉じる
文字サイズ変更
背景カラー変更

議会のしくみ

議会とは

風間浦村議会は、村民から選ばれた8人の議員で構成されています。議員は村民にかわり、村長から提案された議案などの審査を通じて、村民の生活がよりよいものとなるよう議論し、決定しています。

議会の構成

議会の仕事

議会の仕事は、条例制定・改廃、予算及び決算認定などの議決のほか、請願・陳情の審査などです。

本会議

議員全員で予算案をはじめとする議案などを審議したり、議会の最終的な意思を決定する最も重要な会議のことです。
本会議には、定期的に開かれる定例会(3月、6月、9月、12月の年4回)と必要に応じて開かれる臨時会があります。
定例会においては、一般質問(議員が村政について質問するものです。)が行われます。

定例会の流れ

常任委員会

村政の課題について調査を行うとともに、条例などの議案や請願・陳情の審査を行います。

議員全員が次の常任委員会に所属します。

・総務常任委員会 全員:村政全般に関する事務の調査及び議案、請願、陳情等に関する事項の審査

議会運営委員会

議会運営を効率的に行うために設けられている委員会で、議会の日程や請願・陳情の取り扱いなどの協議を行います。議会運営委員会の定数は5人です。

特別委員会

必要に応じて特定の問題を審査・調査するため、議会の議決によって設置される委員会です。

全員協議会

正規の議会の会議でなく、議員の意見調整や執行機関と議会との協議、調整を図るため開かれる会議です。