井上靖|文学碑 – 青森県風間浦村
メニューを開く
メニューを閉じる
文字サイズ変更
背景カラー変更

井上靖|文学碑

井上靖文学碑

井上靖氏
©️財団法人日本近代文学館

「ああ、湯が滲みて来る。本州の、北の果ての海っぱたで、雪降り積る温泉旅館の浴槽に沈んで、俺はいま硫黄の匂いを嗅いでいる。」前述の一文は、平成3年1月29日、83歳の生涯を閉じた作家井上靖氏の小説「海峡」の一節です。

井上靖氏は、知人から「ここなら渡鳥の声が聞ける」と、昭和33年3月9日に下風呂温泉郷を訪れ2晩宿泊し、津軽海峡が見渡せる旅館の一室で、小説「海峡」の終局を執筆されました。

「海峡」は、下北半島を舞台に、様々な人間が織りなす愛の交錯を描いた作品で、終章には下風呂温泉郷が「いさり火の見える温泉」として紹介され、全国的に有名となるきっかけになりました。

公園内にある文学碑は、碑の名前の横に落款を彫り込んだ数少ない碑の一つで、井上靖氏は、この碑文の構成を練るために平成元年、31年ぶりに来村され、当時を偲んでおりました。

また、「アカエリヒレアシシギ」の散文詩は、原稿用紙に井上靖氏愛用の万年筆で書かれ、その原稿が今でも村に保管されております。井上靖文学碑が建立されている、海峡いさりび公園には、碑を一目みようと、観光客や井上靖氏のファンの方々が訪れ、碑の前で記念撮影をしたり、碑文の散文詩を何度も読み返す光景が見受けられます。

アカエリヒレアシシギ:チドリ目ヒレアシシギ科の渡鳥。全長(翼開長) 18.0-19.0cm(31.0-34.0cm)。日本では数少ない個体で飛来するが、数十万の大群で渡ることもある。

風間浦村他、下北の魅力を存分に堪能できるサイト「下北ゆかい村」もご覧ください。