布海苔意石投石事業発祥の地記念碑 – 青森県風間浦村
メニューを開く
メニューを閉じる
文字サイズ変更
背景カラー変更

布海苔意石投石事業発祥の地記念碑

布海苔養殖法は明治初年、偉大なる先人、佐賀平之丞により考案され、その後祖父の意志を継承し、佐賀清太郎が開拓を完成させました。

これ以後、投石による布海苔養殖法は村内はもちろん、県内および全国で採用され、これを記念する碑が建立されました。
また、この記念碑ごしに眺めることができるのが、草島です。草島には寒風に耐え、たくましく根をはって成長する一本松が生えています。この光景は見る人に、厳しい北国の冬に耐えるたくましさを感じさせます。

佐賀清太郎への功績状

佐賀清太郎への功績状

風間浦村他、下北の魅力を存分に堪能できるサイト「下北ゆかい村」もご覧ください。