子どもの予防接種について – 青森県風間浦村
メニューを開く
メニューを閉じる
文字サイズ変更
背景カラー変更

子どもの予防接種について

感染症から子どもたちを守るために、予防接種は非常に効果の高い手段の一つです。子どもたちの健康を守るために予防接種の効果と副反応をよく理解し、予防接種を受けましょう。

各種予防接種は、対象人数により、げんきかんで接種する集団接種及び風間浦診療所(35-2001)で接種する個別接種となります。対象となるお子さんには、個別に予防接種のお知らせを通知しています。

定期予防接種

 種類 対象者 回数 接種間隔
B型肝炎 初回
2回
生後2か月~
9か月未満
2回 27日以上の間隔をおいて2回接種
追加
1回
1回 1回目より139日以上の間隔をおいて7~8か月頃
ヒブ 生後2か月~
5歳未満
4回 27日以上の間隔をおいて3回接種し、追加で1回接種
(月齢によって接種回数が異なります)
小児肺炎球菌 生後2か月~
5歳未満
4回 27日以上の間隔をおいて3回接種し、追加で1回接種
(月齢によって接種回数が異なります)
4種混合(DPT-IPV)

  • ジフテリア
  • 百日せき
  • 破傷風
  • 不活化ポリオ
1期
初回
生後3か月~
7歳6か月未満
3回 20日~56日までの間隔をおいて3回接種
1期
追加
1回 初回接種終了後6か月以上あけて接種
BCG 生後5か月~
8か月未満
1回
麻しん風しん(MR)1期 1期 生後1歳~
2歳未満
1回
水痘 1回目 生後1歳~
3歳未満
1回 生後1歳~1歳3か月以内に
2回目 1回 1回目の注射終了後6か月~12か月までの間隔をおいて接種
日本脳炎 1期
初回
生後6か月~
7歳6か月未満
2回 6日から28日までの間隔をおいて2回
1期
追加
1回 初回接種終了後おおむね1年後
2期 9歳以上13歳未満
(小学4年生)
1回 ※特例措置あり 小学5年生以上の未接種者は指定医療機関
(風間浦診療所35-2001)にて接種
2種混合(DT)

  • ジフテリア
  • 破傷風​
11歳以上13歳未満の者
(小学6年生)
1回
麻しん風しん(MR)2期 2期 5歳以上7歳未満
(就学前1年間)
1回

定期予防接種広域化制度

「予防接種の広域化制度」により、村の指定医療機関以外の医療機関でも、定期の予防接種を受けることができます。(青森県内に限る)

対象者

  1. 定期予防接種対象者の保護者が出産又は療養中の場合
  2. 県外の他市町村に長期滞在中の場合
  3. 基礎疾患治療中で主治医の指示、管理下で予防接種を受ける必要がある場合
  4. その他時別な事情がある場合

対象となる予防接種

B型肝炎、ヒブ、小児肺炎球菌、4種混合(DPT-IPV)、DT(2種混合)、不活化ポリオ、水痘、麻しん風しん、日本脳炎、BCG、子宮頸がんワクチン

必要な手続き

※広域予防接種を希望する際は、必ず村民生活課保健衛生G保健師までご相談ください。

連絡先 35-3111

  1. 希望する医療機関に電話等で予約をしてください。
  2. 「広域予防接種」専用予診票を受け取ってください。
  3. 予約日に、希望する医療機関で予防接種を受けてください。
    ※県外医療機関での接種を希望する場合は、村民生活課にお問い合わせください。

子宮頸がん予防接種について

現在、子宮頸がん予防接種は積極的接種勧奨を差し控えております。
副反応やリスク等を理解した上で、接種を希望される方は、村民生活課までご相談ください。